「民生児童委員」は
厚生労働大臣に委嘱された公のボランティア

  • 23万

    1万

  • 住民の1人として
    町に暮らしています

  • 秘密はしっかり
    守ります

  • 様々な関係機関
    ・団体との連携

どんな相談に乗ってくれるの?

これまで誰にも相談できなかった子育てや家族、生活の悩みを、
あなたの気持ちに寄り添って話をお聴きします。

<主なご相談内容>

  • 子育てに関するご相談
    子育てが大変でつらい…
    イライラして子どもをたたいてしまう…
    子どもが不登校で心配…
    など
  • 家族に関するご相談
    家族のことで悩んでいる…
    暴力を受けている…
    家族の世話で勉強する時間がない…
    など
  • 障がいがある方のご相談
    障がいがあって閉じこもりがち…
    障がいのある家族のことで相談したい…
    何か受けられる支援があるのかな…
    など
  • 生活に関するご相談
    生活が苦しい…
    食事が十分取れていない…
    孤独を感じる…
    など
  • 高齢者に関するご相談
    老親が認知症かもしれない…
    配偶者の介護に疲れてしまった…
    振込め詐欺にあったかもしれない…
    など

その他、
近隣で気になるご家庭がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談ください。

例)
子どもの泣き声がいつもする、どなり声が聞こえる、
平日の日中、学齢期の子どもが公園で一人でいる、
認知症が心配な方がいるなど

ご相談事例

  • 小学生1年生と3年生の子どもがいるひとり親家庭のAさん

    新型コロナウイルスの影響で仕事が激減
    仕事が減り、生活が苦しくなってしまいました。役所の広報紙で民生児童委員の存在を知り相談したところ、生活福祉資金制度を紹介してもらったほか、地域の子ども食堂で行っていた食料支援を教えてもらい、食べ物の支援を受けることができました。
  • 2歳の弟がいるひとり親家庭(母子家庭)の小学4年生のB子さん

    家庭の事情で学校を休みがちに
    母親がうつ病で調子が悪いと寝込んでしまうと、2歳の弟の面倒を見るため学校に行けませんでした。担任の先生から紹介してもらい、民生児童委員が母親と話をしてくれました。その後、母親は通院を続けられるよう保健所とつながり、2歳の弟は保育園に入園することができ、安心して学校に通えるようになりました。
  • 両親と3人暮らしの小学6年生のC君

    父親が母親に暴力を振るっているが助けられない
    父親はお酒を飲むと母親に暴力を振るいます。母親をかばうと自分も殴られてしまい、母親を守れなくて悲しい気持ちでいたところ、守秘義務があるという民生児童委員の存在を知り、相談をしてみました。親身に話を聴いてくれて、暴力がひどい時は警察に電話していいこと、困ったら民生児童委員に電話していいと言われ、少しほっとしました。
  • 不登校ぎみの中学2年生のD君

    気分が鬱々として学校に通う気にならない
    毎日自宅で気持ちがふさいでいたところ、学校からの紹介で民生児童委員と知り合いました。民生児童委員からお願いされ、地域の福祉バザーの手伝いをしたところ、多くの人に感謝され、久しぶりに人と話をして気分転換となりました。その後、少しずつ、学校に行く日が増えてきました。
  • 0歳と2歳の子どものいる母親Eさん

    子育てが大変でおかしくなりそう
    夫は仕事が忙しく、両親も遠方に住んでおり疎遠です。最近2歳のイヤイヤがひどくなり、毎日とても疲れて、涙が止まらなくなっていました。掲示板で民生児童委員の存在を知り、子育てサロンにもいたことを思い出し、思い切って電話をしたところ、話をじっくり聴いてもらえました。また子育てサロンが再開した際には連絡をくれるそうです。いつでも相談に乗るよと言ってくれてうれしかったです。
  • 虐待を心配しているFさん

    近所で泣き声がひどいけれど大丈夫かな‥
    近所の家庭で怒鳴り声や泣き声がよく聞こえてとても心配です。でも、役所や児童相談所に連絡すると、私も何かされるのではないかと心配でした。主任児童委員の存在を知り、勇気をもって相談したところ、私の気持ちをしっかりと受け止めてくれて、その後の通告対応をしてもらえました。
  • 近所の高齢者が心配なGさん

    近所の高齢者が認知症ではないかしら・・
    冬なのにとても薄着の高齢者が地域をうろうろしていました。何度か見掛けており、認知症ではないかと心配でした。民生児童委員に伝えたところ、高齢者を支援している関係機関(地域包括支援センター)と連絡をとってくれて、その高齢者の安否を確認し、対応してもらえました。

ご相談方法

ご相談をご希望の場合は、
先ず各地区事務局(行政の民生児童委員担当窓口)に
ご連絡ください。